お勧め書籍

東洋医学・鍼灸治療について書かれた書籍のうちお勧めの物をピックアップしてみます。
これらの本を読めば、あなたも東洋医学・鍼灸治療に詳しくなれるかも?

くらしに活かす 東洋医学入門

著者:蓬の会
出版社:エンタプライズ
本体価格:1,600円

東洋医学全般について書かれています。
まず、これで東洋医学の全体像を知ると良いかもしれません。
からだの声を聴く

著者:形井秀一
出版社:医道の日本社
本体価格:1,500円

東洋医学に関する色々な内容が書かれています。特に鍼灸に関する内容が多い。 初心者にも読みやすいのでお勧め。
お医者さんがすすめるツボ快癒術

著者:代田文彦
出版社:講談社
本体価格:1,400円

お灸のすばらしさを伝えてくれる本。
非常に読みやすく、この本を読むと自分でお灸を据えてみようと思ってしまう。自分でお灸を据えて元気になりましょう。お勧め。
※2009年3月現在、新品では手に入らないようです。良い本なので非常に残念。興味のある方は図書館や古本屋などで探してみてください。
鍼灸の挑戦

著者:松田博公
出版社:岩波書店
本体価格:700円

日本の鍼灸治療の多様性について書かれた本。日本の様々な鍼灸治療を紹介している。岩波新書で出ており、手軽に読める。
ツボに訊け!―鍼灸の底力

著者:寄金丈嗣
出版社:ちくま新書
本体価格:720円

現状の鍼灸業界に関して、良いことだけでなく悪いこともしっかりと書いてある本。現状を知る上でとても勉強になる。鍼灸院に行く前に読んでおくと良いかも?
漢方の歴史

著者:小曽戸洋
出版社:大修館書店
本体価格:1,600円

意外と知らない東洋医学の歴史について学べる本。大変勉強になる。東洋医学の歴史に興味のある方にお勧め。