はり治療について

東洋医学が比較的身近になってきていますが、その中の、鍼灸について取り上げていきます。
鍼灸医学は古代の中国に起こり、その後時間をかけて発展してきました。現在、文献として残っていて、現在の鍼灸治療の基となったのが『黄帝内経』という書物です。この書物はおよそ2000年前に書かれた書物です。
そして、その医学が日本に伝わってきたのが1500年程前になります。
以来、日本人に親しまれてきたはり治療について情報提供していければと思います。

1.鍼灸ってどんなものに効果があるの?
 1.1. 「夜泣き」のはり治療

2.鍼灸(東洋医学)における身体の見方ってなに?(気血水と五臓六腑)

3.はり治療はどこで受けられるの?
 3.1. 治療はどんな感じのもの?
 3.2. 何を着ていけば良いの?

4.鍼灸医学の歴史

5.日本における鍼灸の現状

6.世界における鍼灸の現状

7.鍼灸の活用法